ほくろ

 

ほくろの種類

 

ほくろの種類は主に2つあります。

 

●単純黒子

(小さいもの)

メラニンを作るメラノサイトが皮膚の浅い部分で活性化してできるほくろです。単純ほくろの大きさは2㎜以下のものが多く、鏡をみて、「こんなところにほくろがあったかな?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。そのほとんどがこの単純ほくろです。色は薄茶色や黒色などがあります。

●色素性母斑

(比較的大きいもの)

だんだん盛り上がってくる黒あざです。最初は単純ほくろと見分けがつかないくらい小さなものでも、大きくなってくるのが特徴です。色は無色に近いものから茶色や褐色、黒に近いものまで様々です。毛が生えてくることも多く、有毛性色素性母斑や巨大なものだと巨大色素性母斑(獣皮様母斑)とも言います。

 

 

ほくろの原因

 

神経節由来の皮膚の細胞の異常分化が病因で、遺伝性はありません(巨大なものの一部を除く)。紫外線、外部刺激が原因となって大きくなったり、色が濃くなったりすると考えられています。

紫外線

細胞が増える原因は、主に紫外線にあります。もともとメラニン色素は、必要以上の量の紫外線から、人間の細胞が傷つくのを防ぐためのものです。紫外線が当たると細胞が活性化し、紫外線を吸収するためメラニン色素をつくり出します。これが日焼けです。通常の細胞の働きはここまでなのですが、細胞が働き過ぎたり、メラニン形成細胞自体が傷ついてしまって誤作動を起こすと、日焼け程度では済まずに細胞自体や色素が増え過ぎてしまいます。紫外線は栄養素を体内で合成したり、殺菌したりと人間に必要不可欠ですが、環境破壊が進んでオゾン層が薄くなってしまった現代、以前とは比べ物にならないほどの量が地表に降り注いでいます。少し日光に当たっただけなのにほくろができる原因となっています。

外部刺激

紫外線の他に、頻繁に擦れたり、圧迫されたりすることによって細胞が傷付くことがあります。下着や靴の摩擦、仕事で体の同じ部分に熱や重量がかかるなどの刺激が続き、そこのメラニン形成細胞が誤作動を起こすとほくろができる原因になります。

 

 

当院のほくろ診断

黒いほくろの診断

患者様: 「黒いほくろをレーザーで取って欲しいんですが・・・」
医師: 「分かりました、では簡単に麻酔を注射して、レーザーを使って取り除きましょう」

 

ちょっと待ってください!!!

このように安易に医師にほくろの治療を依頼してはいけません。ひょっとすると、その黒いできものは、単純なほくろではなく、「癌」かもしれません。当院ではまず、専門のカメラで撮影し、詳しくほくろを調べることから始めます。

最近できた、あるいは大きくなった黒いできものの診断

患者様: 「この黒いできものは悪い物ですか?」
患者様: 「この黒いできものが最近大きくなってきました。癌でないか心配です・・・」
患者様: 「突然 足の裏にほくろができました。心配です」
医師: 「え~っと・・・」

 

患者様からこのようなご相談を受けることがよくありますが、できものは全部が悪い物と言えるでしょうか?

実は初期の段階では、短期間で手遅れになるということはまずありません。ご安心ください。年に1~2回、自分で皮膚を点検してみてください。自分で見ることができない場所にできものがある場合は、ご家族の方に見てもらってください。今まで無かったほくろやシミができて大きくなってきた場合、子どもの頃からあったほくろが最近大きくなったり、変化してきた場合など、気になる部分ができた時は素人判断せず、いじったりせずに、まずは当院にご相談ください。

良性か?悪性か?の診断

一般の方には、黒いできものが「良性」なのか「悪性」なのかを判断するのは難しいと思います。

悪性と疑われる皮膚の黒いできものは、

 

・左右非対称

・できものの境界が不明瞭・不均一

・色が均一ではなく、濃淡にムラがあるもの

・毛細血管が浮き出たり、出血しやすいもの

・辺縁がでこぼこ

・隆起しているなど

 

といった特徴があります。見た目の判断は大事です。ある程度の経験のある医師が見れば、ほぼ診断はできると思います。

 

当院の院長は大学病院、中京病院など、総合病院で皮膚悪性腫瘍の治療に携わってきました。見た目の診断は、ほぼ間違いないと考えています。しかし、診断が不安な場合は、高性能なデジタルカメラで常に撮影し、その画像データを大学病院や皮膚癌専門医師に相談しています(できものに関しては、どんなできものでも、いつもデジカメで撮影しています)また、最新のダーマスコープで黒いできものをデジカメで撮影し、拡大写真を撮り、診断に役立てています。ダーマスコープには最近かなり慣れてきていますので診断によく活かされています。

 

ある程度見た目で判断したのち、少しでも悪性の疑いがある場合は、念のため病理検査に提出して確定診断をお願いしています。 それでも疑いがある場合は、プレパラート(加工したできものの検体)で、愛知医科大学病理部・原先生のもとに出向き検体の診断を直接聞いております。その後、すぐにその結果を患者様にお伝えし、早期治療ができるよう心がけています。過去に皮膚癌と分からず、まあ心配だから病理検査に出しましょうと出したものが皮膚癌の診断をされたことがありました。そのような経験から病理診断は非常に大事だと考えています。

 

 

当院のほくろ治療

悪性のほくろ治療

当院では皮膚悪性腫瘍学会・皮膚悪性腫瘍ガイドラインに沿った治療を行っています。早期の発見であれば小さな傷で治療できることが多くあります。単純に摘出できるものは、当院で早期に切除し、再建しています。その他、集約的治療が必要なものに対しては、大学病院や総合病院の専門医師に相談しています(集約的治療とはガンの治療を手術や薬物治療や放射線治療などで行い、その作用、合併症に対して専門分野のスタッフが対応することです)。

良性のほくろ治療

小さなものでも、大きなものでも、レーザー治療や摘出手術などで治療を行っています。

単なる美容目的では保険の適応はありません。

 

 

 

ほくろ治療の選択肢

 

治療の方法 ① 摘出手術
縫います
② レーザー
CO2で蒸散します
診断
悪性が疑われる場合・・・ 視診とダーマスコープによる悪性度を
チェックします。
方法(摘出) 切り取って縫います。 レーザーで蒸散します。
CO2レーザー
・・・レーザーで削り取ります。
Qスイッチレーザー
・・・残存した細胞をもう少し
   薄くしたい時に使用します。
傷跡
「線」の傷跡が残ります。
抜糸が必要です。
「丸い」傷跡が残ります。
抜糸は必要ありません。
傷跡の経過
(合併症)
「線」の跡が残ります。
後は赤み・しこりが2~3年位で薄く
なります。
膨らみ(ケロイド)・色素沈着・
多少の引きつれ・凹みが残る場合
があります。
「丸い」跡が残ります。
後は赤み・しこりが2~3年位で薄く
なります。
膨らみ(ケロイド)・凹み・
クレーター・色素沈着・多少の
引きつれが残る場合があります。
施術時間 1個10~15分程度 1個5~10分程度
再発可能性

【再発とは】
ホクロがまた
出てくること
再発0.5パーセント

30パーセント以上
(複数回の施術があり得ます。)
痛み止め麻酔 麻酔注射が必要です。
健康保険の適応 単なる美容目的では保険の適応がありません。(1個5,000円~)
皮膚癌で無いか調べる必要があります。
方法はダーマスコープ、病理検査などを用います。
費用 腫瘍の大きさにより違います。
腫瘍2、3個で最低1万円、1.5万、2万と数で価格の設定が変わります。
部位が変わればこの限りで無いです。
(※再発した際の施術料金も同程度かかります。)
痛み 麻酔の注射をしますから大丈夫です。
その他 薬のアレルギーはありませんか?
持病はありませんか?血液さらさらの内服剤を飲んでいる。
万が一「皮膚癌」であった場合は、大学病院など専門施設に相談
することになります。
どちらの方法
がいいの?
・術後、簡単に管理するなら「CO2レーザー」
・しっかり取って再発ないのを望むなら「手術」
大きいもの
の場合
オペやレーザーは、2回法、3回法でやった方がいい場合もあります。
メリットは傷跡が大きくなりすぎないことです。

 

 

 

ほくろ治療(良性)の流れ

 

STEP1 治療のご案内

施術の説明に5~10分、同意書にサインをしていただきます。

STEP2 麻酔

鏡を見ながら赤ペンで場所を決めた後、局部麻酔を注射や麻酔のシール等で行い、痛みを取ります。

STEP3 治療 

レーザー治療で2・3個治療する場合は10分程度、手術は1個15分程度で終了します。思ったより時間がかかるなと思われる方もお見えになると思いますが、いつも丁寧な治療を心がけていますのでご容赦ください。手術の場合は
採血を行い、感染症のリスクがないか、貧血が無いか、出血が止まりにくくないかを検査して行います。

STEP4  

終わったらしっかりと絆創膏などの被覆を行って、治療完了です。

STEP 5  

治療当日は、出血が止まりづらくなりますので、お風呂や飲酒は避けてください。

血液をサラサラにするお薬(ワーファリン、バッファリンなど)等を内服されている方は予めお伝えください。

STEP 6  
 

翌日には一度傷施術部位のチェックを行いますので可能な限りクリニックにお越しください。病理検査をした場合は、10~14日ぐらいで結果が分かります。次回の診察の際に結果をご報告いたします。

 

 

ほくろ治療後の傷跡

 

基本的に傷跡は残ります。レーザーならばニキビ跡のような丸い傷跡、摘出手術ならば線の傷跡、初めは赤く目立つ人も多いのですが、4~6ヶ月で赤みが引いてきます。1年もするとかなり目立たなくなります。稀ですが、ケロイド体質の患者様や場所によってはケロイド(盛り上がった赤い傷跡)となることもあります。ご心配な方は治療前にご相談ください。

 

 

ほくろ治療の注意点

 

黒いできものは、エステサロンや、自分で取ることもできなくありません。しかし、素人判断でやった後に取り返しのつかないことになったり、結果的に大きな傷跡を残したということもよく聞きます。ご心配であれば、気になったらすぐにたくさんの皮膚癌治療の経験のある専門医に診察を受けることをお勧めいたします。

 

 

ほくろ治療症例写真

 

当院で治療をされた方の症例写真です。

 

 

ドクターコメント

10mm近くある色素性母斑です。レーザー2回法できれいになりました。再発ありません。切除手術を行うと傷の長さが線状で16mmの長さになります。基本的には手術がよいのですが、最近はレーザー治療でほくろの摘出がきれいにできるようになりました。院長はほくろのレーザー治療を大きさによって小さなものは1回法、7,8mm超えると2回法と分けています。ただしほくろが再発する可能性がレーザーの場合30%、手術の場合0.5%あります。再発とはほくろの細胞が又少し出てくることです。再発することがあり得ることをご理解頂いています。レーザーのあとは丸いにきび跡か水疱瘡のあとの様になり、手術の場合は線のあとになります。いずれもきずあとが気になる方はご相談ください。他院で施術した後のほくろの再発や傷跡についてもご相談ください。

 

患者様の声

診察や治療の説明がとても分かりやすく、納得してやってもらいました。コンプレックスだった顔の大きなホクロがとれました。10年近く人生を共にしたホクロとさよならしましたが、施術を受けて良かったと思いました。施術を受けて1年、痕も少しずつ薄れてきました。もっと綺麗になることを願うばかりです。

【名古屋市在住、女性、20歳】


 

 

 

ほくろ料金

 

保険診療(目安料金)

~2cm

1割負担の場合は約3,500~4,000円(検査料含む)

3割負担の場合は約8,000~9,000円(検査料含む)

 

 

 

 

名古屋のほくろ除去・レーザー治療のご相談は西堀形成外科・麻酔科・皮膚科へ!

西堀形成外科・麻酔科・皮膚科は、名古屋駅から東山線、藤が丘駅より徒歩1分です